日本語は英語の後に続きます。(コチラから)
June 15, 2020
Interviewed by Eri Takane

Felicia Chen

Name: Felicia Chen
What kind of work: Gallery

Age (optional): 31
Pronouns (optional): She/her/hers
Website: felchenberg (IG)

DYH: In your work as a gallerist, what brings you joy? 
FC: Working and growing alongside this creative community of artists, collectors, and industry colleagues.

DYH: Do you have a certain routine/regimen you follow in your gallery? What time do you start and end? Apologies if I seem intrusive, I’m quite curious.
FC: Since I normally work remotely even before the pandemic, I’ve finally settled on a good WFH routine. I typically wake up around 7:30 and catch up on emails I receive from other time zones over coffee. I’ll break for lunch and spend an hour exercising before returning to work. If I don’t have dinner plans, sometimes I’ll skip the last meal of the day and do some independent research.

DYH: Working as a team inside of the gallery is essential and enjoyable, yet you may need to listen to others and negotiate with them. How do you challenge yourself as one of team members?
FC: Proactively understanding the needs of my colleagues.

DYH: When you make a presentation of your artists’ works to the public, what kind of things do you feel are most important in building your presentation?
FC: Each artist has their own language and vocabulary through which they express themselves and my hope is to provide the right context for the viewer to emotionally occupy and understand the work.

DYH:  Did your parents ever teach you to “never ever lie”? Come to think of it…is the act of lying actually a bad thing?
FC: They would say, you should lead with kindness, but it takes wisdom to really know what the compassionate thing to do is.

DYH:  Ultimately, is it really truly important to live honestly with oneself?
FC: Absolutely, what else is there?

DYH:  “Art should be open/accessible to everybody” — if you have any thoughts about this attitude, please share.
FC: Yes! There are different ways to relate to art: through the context of an exhibition or a public display, or through building one’s own collection and living with the work. These are all equally valid and necessary ways to bring art into your life.

DYH: There are many more important things than art in this world. Could you please tell me one of them?
FC: Art is important because people and the world they live in are important. I don’t think the conversation should be centered around a hierarchy of value, but I do believe that art is essential to humanity.

DYH:  How would you describe the difference between the country you reside versus the rest of the world?
FC:  Taiwan is distinct for its layered cultural and political history, as well as for its position on the global stage. For such a small island, it boasts a richness and plentitude that is often overlooked.

DYH:  As a gallerist, do you share the same goals as the artists you work with? For that matter, do you even think a goal is necessary to have for your artists?
FC:  Our goals may align, but our focus is very different. A gallery’s goal is to support artists in the development of their craft and personal practice.

DYH:  A simple question. What kind of artist do you like to work with?
FC:  Those that are sincere in their work.

DYH: How do you judge talent?
FC:  Hard to say–it’s kind of inexplicable.

DYH:  Jerry Saltz likes to say “destroy your envy”. Does the act of comparing yourself to others play a part in your creative output?
FC:  I think competition can be a positive, motivational force, but if I could slightly revise Saltz’s commandment, I would say, “destroy your ego”–you can be competitive about your work without placing the ego at the center of it.

DYH: What are your thoughts about how best to interact with the society we live in now?
FC:  Empathy while still holding one another accountable. One can be critical without vilification.

DYH:  If there is any art/music/culture/etc that left a big impression on you in the past in a few years, could you please elaborate? It could be anything.
FC:  Hiroshi Sugimoto’s Enoura Observatory. The relationship between the creative product and nature as its source of inspiration is perfect.

DYH: Please describe what the most disgusting food you’ve ever eaten was. We’d love a story with that too, if you are able to share.
FC:  Mapo tapioca. What an abomination.

DYH:  If you could change one thing about your body, what would you change and why?
FC: Now that everything is online, I am staring at my screen more and my eyes get tired easily–so, new eyeballs!

DYH: What did you think of this interview? Apologies if the questions were meandering. If there are any last thoughts you’d like to leave with, please go ahead.
FC:  Fun! Thanks for putting this together.

DYH:  Please fill in the blanks:
FC: Measure twice, ___write it down___
FC:  A journey of a thousand miles, ___begins with a good pair of shoes.___
FC:  Today is ___May 25___, tomorrow is ___May 26___
FC:  Why did the ___fowl___ cross the ___boulevard___
FC:  Only the pure in ___heart___ can make a good ___proverbs___
(This was by far the hardest section)

DYH: Tell us a lie.
FC:  5G is spreading the coronavirus.

DYH: Did you wash your hands today?
FC:  Yes, and it’s especially necessary for me because I tend to bite my nails.

DYH: Did you skip a meal yesterday?
FC:  Yes! I’m doing intermittent fasting.

DYH: Tell us a fact you know.
FC:  5G is definitely not spreading the coronavirus.

DYH: Have you ever cheated on a test?
FC:  I have in grade school, but I think the desire to cheat was more of a creative pursuit and ended up taking more energy than actually studying.

DYH: Where were you when you last jaywalked?
FC:  In front of my apartment building.

DYH: Are you annoyed?
FC:  I usually am operating at a baseline of 10% annoyance.

Jump Back to Top

June 15, 2020
Interviewed by Eri Takane

Felicia Chen

Name: Felicia Chen
What kind of work: Gallery

Age (optional): 31
Pronouns (optional): She/her/hers
Website: felchenberg (IG)

DYH: ギャラリストとしての仕事は、いったい何が面白いのでしょうか? 
FC: アーティスト、コレクターや業界の同業者―このクリエイティブなコミュニティーの皆と仕事をし、その一員として成長することです。

DYH: ギャラリーでのあなたのルーティーンはありますか?週にどのくらい、何時から何時まで仕事しているのですか?ごめんなさいね、気になるのです。
FC: もともと私は、このパンデミック以前でも家からのリモートでの作業が多かったので、WFH(ワーク・フロム・ホーム)のルーティンは確立されていました。いつもは、朝7:30に起床してコーヒーを飲みながら色々なタイムゾーンから来たメールの対応。ランチで一旦休憩して、その後1時間エクササイズをしてからまた仕事に戻ります。もし誰かと夕食の予定がない場合は、夕食をスキップして代わりにその時間をリサーチなどに使うこともあります。

DYH: ギャラリーにおいて、チームの一員として働くことはとても重要で素晴らしいことですが、その一方でチームメイトの意見もしっかり聞き、時々自分を妥協しなければならない場面もあると思います。これについてはどう考えていますか?
FC: なるべく積極的に、仕事仲間の求めていることを理解することです。

DYH: パブリックにおいて、あなたのアーティストのプレゼンテイションを行うときに、どのポイントを一番重視して組み立てるのでしょう?
FC: アーティストはそれぞれ自分自身の言語を用いて表現をしています。そのアーティストたちにとっての正しい文脈を用意し、ビューアー(観客)がそのアーティストの作品に感情移入することができ、そしてそれを理解できるような状況を提供する事が出来ればといつも思っています。

DYH:  ところで、親に「嘘をついたら絶対にダメだよ」と教えられてきましたか?「嘘」をつくことは、本当にいけないことなんでしょうか?
FC: おそらく両親はまずは優しさで接しなさい、とでも言うんじゃないでしょうか。でもある意味、本当に思いやりがある行動をとるにはもしかしたら知恵が必要なのかもしれませんね。

DYH:  それでは、いつも自分に正直に生きることは、果たして、本当に大切なんでしょうかね?
FC: もちろんです。それ以外何があるの?

DYH:  「アートは全ての人に開かれたものであるべき」という、このアティテュードについて、どう思いますか?
FC: そうですね!アートに触れる方法はいくつかありますよね。例えばエキシビジョンに行くこと、パブリック(公共)・アートに触れ合うこと、それぞれにとって特別な作品と暮らしをともにすることや、コレクションを作ること。もちろんどれか一つが正解という訳ではなく、これら全てがアートに触れる手段として同等の価値があると同時に不可欠なものだと思います。

DYH: この世の中に、アートよりも大切なものはそれこそたくさんありますよね。その中からひとつでいいので、教えてもらえますか?
FC: 人生の中では、私たち自身、そして私たちが生きるこの世界が最も重要なことです。なので、アートも同じように重要なことだと思います。個々のアート・ピースの価値云々ということより、アートそのものが人類にとって不可欠なものであるっていう事実が大事なんだと私は信じています。

DYH:  今住んでいる国と、他の国との距離はどのように感じますか?
FC:  折り重なる文化と国家としての歴史、世界的な立ち位置の特異性。どれをとっても台湾は唯一無二です。国土面積は小さく見過ごされがちですが、その豊かさと潤沢さには目を見張るものがあります

DYH:  ギャラリストとして、あなたのアーティストと同じ目標を共有しますか?そして、そもそも実は、ゴールなんてものはアーティスト(あなた)にとって、必要なのでしょうか?
FC:  アーティストと私たちが目標とするものは一緒かもしれませんが、焦点が必ずしも一致するとは限りません。ギャラリーの目標はアーティストの技術育成と彼らそれぞれの個人的な活動をサポートすることです。

DYH:  単純な質問です。どんなアーティストと仕事をするのが好きなんですか?
FC:  自身の作品に誠実さがある方々です。

DYH: 果たしてアーティストに才能があるのかどうかは、あなたは一体どうやって見分けるのですか?
FC:  難しいですね…ちょっと説明が出来ません。。。

DYH:  例えばJerry Saltzは「Destroy your envy(自分の妬みをぶち壊せ)」なんて言っていますよね。そもそも、自分と他人とを比べることは、自身のクリエイションに深く関係していますか?
FC:  もちろん競争は有意義であり、やる気に繋がることでもありますが、私はSaltzと少しだけ考え方が違いますね。私だったらこういう風にアレンジしようかな。「自分のエゴを破壊しなさい。競争心を保つためにエゴは必ずしも必要ではありません」と。

DYH: ギャラリストとして、今私たちが生きているこの社会と、どのように関わっていこうとしていますか?
FC:  他者への共感を持ちつつ、お互いの責任の所在を明確にすること。相手を悪者に仕立てずに批評をすることは可能です。

DYH:  ここ何年かで体験した、強烈なインパクトを受けたアート/音楽/カルチャー/etcがあれば、教えて下さい。何でもいいですよ。
FC:  杉本博司氏が設計した江之浦測候所です。創作された空間とそのインスピレーションの源になった自然との相互関係が完璧でした!

DYH: あなたが今まで生きてきた人生の中で、ダントツに一番不味かった食べ物は何ですか?教えて下さい。差し支えなければそのストーリーも一緒に。
FC:  麻婆タピオカ。忌まわしい!!!(笑)

DYH:  もし、一箇所だけ自分の体を好きに、自由に変えれるとしたら、どこをどう変えますか?
FC: 今となっては全てがオンラインで起こっているので、コンピューターのスクリーンとずっと睨めっこしていて目が本当に疲れる、、、だから変えれるんであれば、新品の目玉かな!

DYH: このインタビューはどうでしたか?ダラダラと色々聞いてしまってごめんなさいね。そして何か最後に言っておきたい事があれば、何でもどうぞ。
FC:  楽しかった!招待してくれてありがとう!

DYH:  空白を埋めてください。
FC: 二回測って、書き残す。
FC:  1000マイルの冒険の始まりは、お気に入りの靴から。
FC:  今日は5月25日、明日は5月26日。
FC:  なぜ鳥は大通りを渡ったのか。
FC:  心が純粋な人しか良い格言を残せない。

↓ここからが一番難しい箇所だった。↓

DYH: うそをついてください。
FC:  5Gが新型コロナウィルスを広めている。

DYH: 今日手を洗った?
FC:  はい。爪を噛む癖があるのでこれは特に大事です。

DYH: 昨日ご飯食べるの飛ばした?
FC:  ええ!断続的断食を実践中です。

DYH: 何かウンチクを。
FC:  間違いなく5Gは新型コロナウィルスを広めていません。

DYH: 過去にテストとかでズルしたことある?
FC:  小学生の時にありましたが、ズルをするという行為自体がクリエイティブな探求になり、実は勉強よりも時間を使ったという結果になりましたね。

DYH: 前回どこで信号無視して道路渡った?
FC:  アパートの目の前。

DYH: うざい?
FC:  基本的にいつも少しは(10%くらい)イライラしています。

Jump Back to Top

Copyright © 2020 Destroy Your Habits